独自ドメイン

ホームページ制作に欠かせない独自ドメイン

ホームページ制作を行うときに、最初はレンタルしたサーバーで提供されているドメインを利用して開設することも多いでしょう。
ホームページのurlはとても簡単に取得できます。たとえばいくつかの候補から選択し、urlの一部は自分の好きなurlを設定することで、ある程度は自分らしい個性を主張した名前とすることも可能でしょう。

このようなレンタルサーバーで提供されているurlは、実際には選択肢が狭く、なかなか自分の思うようなurlを選ぶことができません。
たとえばそのurlの一部は何種類か用意された中から選ぶ場合が多く、誰にも覚えやすいurlにすることがなかなか難しいのが実情です。また文字数の長いurlになることも多く、訪れた人の印象に残りにくいのが現状です。

したがって、やはり独自ドメインを取得し、そのドメイン名はそのホームページが発信している情報やブランド名がそのままurlになっていることが理想的です。
これはそのサイトがきちんと運営している印象を与えるため信用度も上がりますし、また覚えてもらいやすくなるでしょう。このように独自ドメインの取得は、ホームページ制作の中では、そのサイトの中身の制作や質とともに重要な部分です。

ホームページ制作を行う際には、独自ドメインを少しでも早くとってしまいたくなるものです。なぜかというと、ドメイン名は先着順、早い者勝ち順のため、覚えやすそうなドメイン名は先に取られてしまう場合もあるからです。

この独自ドメインを取得するには、登録などの手続きが必要です。申し込みは、ドメインの管理会社のサイトにアクセスし、まだ登録されていないドメイン名を検索で探します。もし気に入ったurlを決めることができた場合は、登録してみましょう。

ドメイン名の管理は有料ですが、比較的安価(安いところで年1000円程度の所もある)です。独自ドメインを取得したら、サーバーに設定することで、しばらくするとアクセスできるようになります。

このようにドメインは簡単に取得して登録、運用することができますので、試してみるのも良いでしょう。
ドメインの管理は1年契約から、数年契約を結ぶことができます。長く使うサイトであれば、ホームページ制作時に早めに取得し、さまざまな場所に、urlをちりばめても良いでしょう。そうすることで、覚えてもらいやすくなるはずです。

また更新は最短で1年に1回の更新作業と支払いが必要です。忘れると、取得したドメイン名でアクセスできなくなります。せっかくホームページ制作したのですから、忘れないようにしましょう。

Copyright© 2014 ホームページ制作のいろいろな方法を知ろう。All Rights Reserved.