メリットとデメリット

ホームページ制作において考えられるメリットとデメリット

ホームページ制作を行う場合、運営者自身がホームページを作るのか、それとも、運営者が他の誰かに頼むのかということになります。ホームページ制作を自分で行う場合と、人にやってもらう場合、それぞれにメリットとデメリットがあります。

まず、自分でホームページ制作を行うメリットですが、制作費を節約出来るということが挙げられます。ホームページ制作代行会社に頼んだ場合、数万円から数十万円の制作費がかかりますが、自分で作る場合、必要な画像やソフトウェアの購入費を除けばお金はかかりません。

また、トラブルが起きた場合、対応しやすいというのもメリットです。たとえば、運営しているホームページが夜中にトラブルを起こした場合でも、すぐに自分が対応出来ます。作ったのは自分なので、どこに問題が起きていて、どう対処すると解決するのかというのも導きやすいです。
もし、制作代行業者に作ってもらった場合は、夜中に対応をしてもらうことは難しいですし、また、メールなどで対応方法を教えてもらったとしても、自分が作ったわけではないので、すぐに直せるとは限りません。

自分で作った場合のデメリットはなにかというと、ホームページ制作の知識がないと、個性的なページは作りにくいということです。ブログであれば、知識がなくても簡単に作れますが、デザインが他のブログと同じになってしまいます。

会社のページであれば、オリジナリティが重要なので、オリジナルのデザインでホームページを作るとなると、やはり知識が必要です。まったくないという状態からオリジナリティのあるホームページを作れるようになるまでの時間はかなり必要です。

ホームページ制作代行業者に作ってもらうメリットは、運営者は基本的に何もしなくていいということです。どのようなホームページにしたいのかということはちゃんと伝える必要がありますが、自分で何かを覚える必要はありません。また、運営者が自分で作る場合と比べて、質の高いものが出来る可能性が高いです。

デメリットは何かというと、やはりお金がかかることです。ちょっとしたページの作成、たとえば、トップページだけ、あるいはトップページとメールフォームだけという場合であっても、数万円はかかると考えておいた方がいいでしょう。
なので、予算があり、高い質のホームページを作りたいというのであれば業者に頼んだ方がいいですが、予算がないという場合は、自分で作った方がいいでしょう。

Copyright© 2014 ホームページ制作のいろいろな方法を知ろう。All Rights Reserved.